詰まりやすい物とは

トイレに詰まりやすいものの中には、意外なものも多くあります。トイレに流してはいけないとまではいきませんが、流すときには注意した方が良いものという扱いになります。

トイレットペーパーも大便をしたときに大量に使う人は要注意。トイレットペーパーも溶けるまでに時間がかかるので詰まることがあります。他にも、流せるトイレお掃除シートや、流せる猫の砂も同様です。流せるといっても、流れやすいわけではなく、1回の量が少量かつ、時間をおいて流すことが理想的です。特に猫の砂は、猫の毛なども含まれるため、より詰まりやすいものだということを知っておく必要があります。

他に、ティッシュはトイレットペーパーのように薄くても、やぶれにくく作られているため、詰まりやすいものです。生理用品もトイレで使用するものですが、溶けない上に、水分を吸収しやすいので詰まりやすいものです。

うっかり落としてしまいやすい物には、子供のおもちゃ、ポケットに入っていた印鑑や文房具類、鍵、携帯電話などがあります。トイレ掃除をしようとして、トイレ用洗剤のフタを開けたときに落としてしまうという例もあります。

落としたものが小さなものであっても、そこへトイレットペーパーが重なったり、汚れがたまったりするなどをして排水管が詰まることもよくあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket