つまらせない方法は?

トイレをつまらせないためには、日ごろからトイレの使い方についていくつか注意するポイントがあります。日ごろからチェックするのは、水流です。特にトイレのタンクにペットボトルを入れて節水している場合は、水量が足りずに物がつまりやすくなります。タンクにペットボトルを入れることは、他のトラブルの原因になることもありおすすめできません。例えば、タンクの中にはフロートバブルという部品が入っています。フロートバブルにペットボトルが触れると、水が流れ続けてしまいます。水道料金も跳ね上がるので注意しましょう。

水量が足りない場合は、一見流れているようでも排水管の中で汚物などの汚れが溜まっていることがよくあります。汚れをそのままにしているとつまりの原因になるので、定期的に家庭用のパイプ掃除洗剤でつまりの原因を解消しておきましょう

他にトイレの使い方として、トイレットペーパーを必要以上に使いすぎないという点や、使うときはこまめに流すということも言えます。物を落として詰まらせないためには、不要なものはトイレ室内に持ち込まないようにする習慣づけも大切です。

トイレのつまりは、生活を途端に不便にします。こまめなお手入れでつまりを防ぎましょう。

【参考サイト】水回りのカイケツ君 – トイレつまり予防情報

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

詰まりやすい物とは

トイレに詰まりやすいものの中には、意外なものも多くあります。トイレに流してはいけないとまではいきませんが、流すときには注意した方が良いものという扱いになります。

トイレットペーパーも大便をしたときに大量に使う人は要注意。トイレットペーパーも溶けるまでに時間がかかるので詰まることがあります。他にも、流せるトイレお掃除シートや、流せる猫の砂も同様です。流せるといっても、流れやすいわけではなく、1回の量が少量かつ、時間をおいて流すことが理想的です。特に猫の砂は、猫の毛なども含まれるため、より詰まりやすいものだということを知っておく必要があります。

他に、ティッシュはトイレットペーパーのように薄くても、やぶれにくく作られているため、詰まりやすいものです。生理用品もトイレで使用するものですが、溶けない上に、水分を吸収しやすいので詰まりやすいものです。

うっかり落としてしまいやすい物には、子供のおもちゃ、ポケットに入っていた印鑑や文房具類、鍵、携帯電話などがあります。トイレ掃除をしようとして、トイレ用洗剤のフタを開けたときに落としてしまうという例もあります。

落としたものが小さなものであっても、そこへトイレットペーパーが重なったり、汚れがたまったりするなどをして排水管が詰まることもよくあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

トイレのつまり原因は

トイレがつまるという非常事態になるには、いくつかの原因があります。水量が足りていない場合は、汚れが溜まっている場合などが挙げられますが、トイレづまりの原因の多くは、流してはいけないものを流してしまうことにあります。流してはいけないものであるにも関わらず流してしまうとは、どういうことなのでしょうか?大きく分けると2つのパターンがあります。

1つは誤って物を落としてしまった場合です。この場合は、落としたときに「詰まってしまうかも」と思うことで、慎重に対処したり早めに対処したりすることで、事態が大きくなることを防ぐことができます。

もう1つは、流してはいけない物という認識がないまま、物を流してしまう場合です。この場合は、詰まるかもしれないという予測が立たないため、気が付いたときには水が便器からあふれる寸前だったなど、事態が大きくなりがちです。

トイレは私たちの日常生活に欠かせないものです。つまることでトイレが使えなくなると、途端に生活に支障をきたします。同居している家族が多ければ多いほど事態は深刻です。トイレは日ごろからなるべくつまることがないように気を付けておいたほうが良いでしょう。

ここでは、知っているようで意外と知らない、トイレに流しても良いものと、流してはいけないものを具体例を挙げてチェックしてみましょう。また、トイレのつまりに対処する方法もご紹介します。自身のトイレの使い方を見直して、つまりにくい環境を整えておきましょう!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket